2021.01.17

平均タイム13番目で箱根駅伝2位。創価大は「速さ」ではなく「強さ」を磨いた

  • 酒井政人●文 text by Sakai Masato
  • photo by AFLO

 出雲駅伝と全日本大学駅伝の出場経験はなし。今大会の出場校で最もキャリアに乏しいチームが、箱根路に"突風"を巻き起こした。4回目の出場で総合2位に入った創価大だ。

箱根駅伝で総合2位の創価大。9区・石津佳晃(左)にタスキを渡す8区・永井大育(右) 前回は、2年ぶり3回目の出場で初のシード権獲得となる9位だった。1区の米満怜(現・コニカミノルタ)が区間歴代2位タイの記録を出す快走でチーム初の区間賞を奪うと、10区の嶋津雄大(当時2年)も区間記録を13年ぶりに更新する1時間8分40秒で区間賞を獲得。11位で走り出した嶋津は、最終的に7位争いをしていた早稲田大と駒澤大の背中が見える位置まで猛追した。

 就任1年目だった榎木和貴駅伝監督は大きな手ごたえを掴み、今季は「箱根で3位」という目標を掲げた。しかし、新型コロナウィルスの影響で、初出場となる予定だった出雲駅伝が中止になったこともあり、チームは実力を披露する場所がなかった。

 箱根駅伝エントリー上位10人の10000m平均タイムは13位(29分05秒37)。今回は2年連続シード権を目指すことになるかと思われたが、榎木監督は"トップ3"というターゲットを変えず、勝負に出た。

「メディアからすれば創価大はノーマークだったと思います。しかし私が監督に就任してから、チームは着実に変わってきました。夏合宿と秋の試合でも前年以上の成長が見られましたし、チームの目標に向かって選手たちがひたむきに努力してくれたと思います。このチームだったら目標を達成できると感じていましたし、私が自信をなくすと、選手にも影響します。私は『絶対にいける』という声掛けをしてきました」

 目標達成のために「往路は絶対に3位以内で走らないといけない」と考えた榎木監督は、攻撃的なオーダーを組んだ。