2020.12.26

明治大は箱根で3強に迫る戦力。成長の裏に「阿部効果」「宗兄弟の教え」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by AFLO

全日本では3強の一角、青学大を最終8区で抜いた明治大の鈴木聖人 明治大は近年、力のある選手を揃えながらも、なかなか力を出し切れていなかったが、前回の箱根では5年ぶりにシード権を獲得する6位になった。

 今年は大エースの阿部弘輝(住友電工)が卒業で抜けたものの、11月の全日本大学駅伝で後半まで先頭争いに加わり、青学大に先着する3位というすばらしい結果を残した。箱根でも、青学大と東海大、駒大の3強を脅かす存在として注目が集まっている。

 今年就任3年目になる山本佑樹駅伝監督は、その要因をこう語る。

「前回の箱根で復路の終盤まで3位争いに加われたことが、選手だけではなく私の自信にもなり、そのおかげで一気にチーム状況がよくなりました」

 全日本で3位を獲得した実績もさらなる自信につながり、次は「箱根で優勝争いをしたい」と、より高い目標を目指せるようになった。

「卒業した阿部の穴を、みんなで埋めよう、と団結できたことも大きい」と山本監督は話す。

「阿部はエースでしたが、競技力だけではなく人間的にもしっかりしていたので『僕も阿部さんみたいになりたい』という選手が多かったんです。今の4年生や3年生だけではなく、前回の箱根で8区を走った櫛田佳希(2年)も、学法石川高校で阿部の後輩だったので影響を受けていました。それに同学年の加藤大誠(2年・前回2区)たちも影響をされて、下級生でも阿部を目標にする選手が増えました」

 前回の箱根で、4年生は7区区間賞の阿部と10区の河村一輝だけ。3年と2年が3人ずつで1年が2人と、次につながるチーム編成だった。

 そんな中、今シーズン山本駅伝監督が課題にしたのは「各選手の持ちタイムを上げること」。前回の箱根で見ると、阿部以外の1万mの記録は、当時3年の小袖英人の28分34秒33が最高で、上位10人のシーズン平均タイムランキングは29分02秒15で全チーム中8位と決して速くはなかった。