2020.12.25

駅伝に詳しすぎるアイドルが分析。箱根の優勝候補とその根拠を語った

  • 酒井政人●文 text by Sakai Masato
  • 村上庄吾●撮影photo by Murakami Shogo

自分で集めた情報から箱根駅伝の優勝争いを予想自分で集めた情報から箱根駅伝の優勝争いを予想  全日本大学駅伝で3位に食い込み、11月下旬の競技会1万mで好タイムを連発した明大には、西村さんも大きな可能性を感じている。エントリー上位10人の1万m平均タイム2位(28分31秒78)の総合力は期待十分だ。

「明大は選手層が厚いですし、前回6位になったメンバーが8人残っています。特に5区の鈴木聖人選手(3年)、6区の前田舜平選手(4年)がいるのが心強いですね。前回の6区はハイレベルでしたけど、4年生が9人いました。また、好走した日本大(宮﨑佑喜)と中央学院大(武川流以名)は今回本戦に出場しませんから、エントリーされた前回6区走者のなかで、区間7位だった前田選手が最速になります。5区鈴木選手は前回の区間5位ですし、山で大きく順位を上げてくるんじゃないでしょうか」

 西村さんは全日本大学駅伝で青学大、駒澤大、明大の優勝争いを予想していた。箱根でも"西村的3強"が優勝争いの中心になりそうだ。そして、全日本を経て、評価を上げてきたのが東海大と早大だという。

「東海大は"黄金世代"と呼ばれた昨季の4年生が強烈だったので、全日本はもう少し下になっちゃうのかなと思っていたんです。だから、序盤で出遅れながら2位に入ったのは驚かされました。箱根は名取燎太選手、塩澤稀夕選手、西田壮志選手の4年生トリオを軸に面白い戦いを見せてくれるんじゃないでしょうか」

 全日本は2区終了時でトップと1分45秒差の17位だったが、そこから盛り返した東海大。それに対し、早大は3区中谷雄飛(3年)が首位を奪うと、6区の途中までトップをひた走った。

「中谷選手が強いですし、井川龍人選手(2年)の調子が上がってきたのが心強いですね。中谷選手は高校3年時の全国高校駅伝1区で区間賞を獲得しているんですけど、その時に2位に入ったのが1学年下の井川選手です。都大路で競り合ったふたりが同じチームに入ったことがうれしいですし、箱根でも好走しているところを見たいなと思います。