2019.12.26

後藤晴菜アナが箱根駅伝について対談。
どんな展開になるのか予想した

  • 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

日本テレビ・後藤晴菜アナ×スポーツライター・佐藤俊氏 対談(前編)

 正月の一大イベントである箱根駅伝。前回の大会では東海大が青学大の5連覇を阻止して初優勝を飾るなど、大学駅伝は新たな時代に突入した。はたして、96回目を迎える2020年の大会はどんなレースになるのだろうか。

 今回、高校時代は陸上部に所属し、2013年の入社以来、箱根駅伝に携わっている日本テレビの後藤晴菜アナと、『箱根奪取 東海大・スピード世代 結実のとき』の著者で、長年大学駅伝を取材されているスポーツライターの佐藤俊氏の対談が実現。箱根駅伝の魅力、今大会の見どころ、注目選手について熱く語り合った。

高校時代は陸上部に所属し、バリバリの体育系だった後藤晴菜アナ

佐藤 本日はよろしくお願いします。

後藤 こちらこそ、よろしくお願いします。これまで箱根駅伝についてお話しする機会はあったのですが、対談というのは初めてで……。ましてや、私よりも深く取材されている方を前に何を話したらいいのか(笑)。

佐藤 いやいや(笑)。箱根に限らず、大学駅伝はかなり取材されていますよね。

後藤 そうですね。だいたい5月の関東インカレから始まって、トラックレースを中心に取材をします。駅伝シーズンに入ると、出雲駅伝や全日本大学駅伝も。箱根駅伝予選会が終わると、いよいよ箱根駅伝に向けて動き出すという流れですね。

佐藤 箱根駅伝の前になると、いろんな大学を取材されるのですか。

後藤 日本テレビではアナウンサーそれぞれに担当校が割り振られます。エントリーに関わるすべての選手と監督に対面でお話をうかがい、記録や過去の戦績も一から調べています。

佐藤 今回はどの大学の担当を?

後藤 順天堂大学です。

佐藤 ちなみに前回は?

後藤 山梨学院大学でした。ほかのアナウンサーの担当校や直前の取材なども合わせると、毎年4~5校取材しています。

佐藤 ここまで順天堂大学をはじめ、何校か取材されたと思います。それに出雲や全日本の結果を踏まえて、今回の箱根はどんなレースになると思われますか。

後藤 出雲に取材に行った時に、どの大学の監督も国学院大のことをすごく警戒されていて、実際、そのとおりの結果になりました。そして距離が延びた全日本は、東海大が強さを発揮しました。ただ、箱根となると……難しいですよね。往路は混戦になるでしょうか。