2014.06.15

【続・東京マラソンへの道】中島彩「私がドMランナーになったワケ」

  • 中島彩●文・写真 text & photo by Nakajima Aya

市民ランナー・中島彩の「続・東京マラソンへの道」

 みなさん、こんにちわ! 『走るフリーアナウンサー』の中島彩です。夜でも寒くない季節になってくると、全国各地で「ウルトラマラソン」が続々と開催されます。ウルトラマラソンとは、42.195キロ以上の距離を走るマラソン大会のことです。普段、健康の一環として走っているランナーの方からすれば、「私には関係ないわ」と思うかもしれません。たしかにそうですよね。フルマラソンを完走するのだって大変なのに……。でも、私はハマってしまったんです。ではなぜ、私はこんな過酷なマラソンに魅了されたのか、今回は私の「ドM」っぷり(?)についてお話したいと思います。というわけで、今週のテーマは、「RUN×ウルトラマラソン」。きっと、ウルトラマラソンの魅力を、みなさんにも分かってもらえると思います。そして最後には、重大発表がありますよ!

箱根の60キロ・ウルトラマラソンではリュックに食料などを入れて走りました☆フルマラソン以上の刺激を求めてしまうのは性(さが)?

 私はこれまで、50キロマラソンと60キロマラソンを各1回、そして100キロマラソンを2回走りました。それを聞いたランナー仲間は、「すごいけど、なぜそんな苦しいことをやるの?」と、みなさんおっしゃいます。そう思いますよね(笑)。私は、ひと言で説明するのが難しくて、「フルマラソンでは味わえない何かがあるから!」と答えてしまいます。答えにはなっていないんですが……(笑)。

 まずはウルトラマラソンについて、改めて説明させてください。ほとんどのウルトラマラソンは、地方で行なわれています。フルマラソン以上の距離を走るコースを確保するためには、交通規制などの問題の多い都市部では開催しづらいのです。有名なウルトラマラソン大会の場所を挙げると、北海道のサロマ湖、高知の四万十川、京都の丹後半島、岐阜の飛騨高山と、どれも都市部から数時間ほどかかる場所で行なわれています。しかも、長時間に渡るレースなので、スタート時間は早朝の3時や4時。大会会場に到着した段階で、「やっと着いた~」というちょっとした達成感があります。もちろん、ウルトラマラソンの魅力は、その到着時の達成感じゃないですよ(笑)。

 たしかに、フルマラソン以上の距離を走るのは、市民ランナーにとってかなり高い壁です。実際、完走できるランナーは、参加者の半分以下というケースがほとんどです。途中でリタイアしたり、制限時間の関門に引っかかって完走できずに終えることの多いレースなのです。