2018.11.23

車いすバスケU23。課題山積みも
新戦力の躍動でチーム力UPに期待

  • 斎藤寿子●取材・文 text by Saito Hisako
  • photo by X-1

 11月16~18日の3日間にわたって、福岡県の北九州市にて車いすバスケットボール大会「北九州チャンピオンズカップ」が行なわれた。今大会には日本、オランダ、カナダ、タイの4カ国が参加。総当たりの予選リーグで日本、オランダ、カナダが2勝1敗で並んだが、ゴールアベレージでカナダとオランダが決勝に進出し、オランダが優勝に輝いた。3位決定戦にまわった日本はタイに69-26と大勝で大会を終えた。

大人しそうな見た目とは違う積極的なプレーで期待される知野光希 今大会は、出場4カ国いずれも10代、20代の若手で構成した代表チームを送り込み、日本も、優勝を目指しながら「若手の育成」を目的として、「U23育成選手」から12人を選出。古澤拓也、鳥海連志(ちょうかい・れんし)、川原凜、緋田(あけだ)高大、赤石竜我といった、すでにフル代表でも活躍し、今年の世界選手権やアジアパラ競技大会に出場した選手のほか、彼らとともに昨年のU23世界選手権でベスト4に進出したメンバーや、今年初めてU23代表に選出されたフレッシュなメンバーが入った。

 オーバーエイジの採用も可能だった今大会、他の3カ国がいずれも24歳以上の選手を数人入れてきた中で、日本は生粋のU23メンバーで戦うことにこだわった。日本代表のアシスタントコーチを兼任する京谷和幸U23日本代表ヘッドコーチ(以下、HC)はその理由をこう語る。

「ローポインター、ミドルポインターにおいては若い世代も充実しているが、ことハイポインターにおいてはまだまだ。そのハイポインターのところをオーバーエイジで補強すれば勝てるとは思いましたが、それではいつまでたってもハイポインターが育たないし、優勝しても今後につながらないなと。だから今大会はU23の選手だけで戦うことにしました」