2016.05.04

衝撃のド迫力。東京・銀座の路上でパラリンピック体験イベントを開催!

  • 荒木美晴●取材・文・写真 text&photo by Araki Miharu

 世界トップのパラアスリートたちがプレーを披露し、パラリンピック競技の魅力を伝える大規模な体験イベント「NO LIMIT SPECIAL GINZA & TOKYO」が2日、銀座中央通りの特設会場で行なわれた。

リオパラリンピックでメダル獲得が期待される選手たちがイベントを盛り上げた このイベントは、パラリンピックの普及啓発を目的に、東京都が昨年度から取り組むパラリンピック体験プログラムの一環として開催。多くの観光客や買い物客でにぎわう銀座通り口交差点から銀座二丁目交差点まで、200メートル以上を通行止めにし、テニスコートや体験ブースを設置。車いすテニスとウィルチェアーラグビーの選手、シドニーオリンピックマラソン金メダリストの高橋尚子さんや、陸上・十種競技の元日本チャンピオンでタレントの武井壮さん、元プロテニスプレーヤーの杉山愛さんらが参加した。

 イベントは、車いすダンスチーム「ジェネシス」のパフォーマンスで開幕。2014年の仁川アジアパラ競技大会にも出場した選手らが華麗でキレのある演技を披露した。続いて、車いすテニスのデモンストレーションには、パラリンピックシングルス2連覇中の国枝慎吾、アテネパラリンピックダブルス金メダリストの齋田悟司、女子世界ランキング2位の上地結衣が登場。

 3週間前に肘の手術をしたばかりの国枝は、タイヤが「ハの字」になった競技用車いすについて説明。車いすの推進力を使い、腕を使わずに上半身の動きのみで自由自在に車いすを操ってみせると、会場からどよめきが起こった。さらに、上地と齋田のラリーやチェアワークを、国枝がわかりやすく解説。何とも豪華なエキシビションを、観客たちは食い入るように見つめていた。