2020.03.04

本命『藤澤 山口』敗れる。
カーリングミックスダブルスは新星が躍動

  • 竹田聡一郎●取材・文 text&photo by Takeda Soichiro

 ただし、『松村・谷田』は決して消極的な戦術を取っていたわけではない。最後まで攻めの気持ちを忘れずに、『藤澤 山口』にプレッシャーをかけ続け、7-4で勝利。見事に初優勝を飾った。

ミックスダブルスカーリング選手権で優勝した松村千秋&谷田康真ペア「松村選手、谷田選手のショットがすごくうまかったので、感心するばかりで......。完敗に近い試合だった」

 試合後、3連覇を阻まれた藤澤は、そう言って白旗を掲げた。加えて、「際どいラインでガードをかわし、毎回いいところに(石を)置いていた」とも語った。

『松村・谷田』のショットの精度は、それほど秀逸だった。

 また、『松村・谷田』は大会序盤、ほとんどすべてのショットを投球者自らがスイープしていたが、試合重ねていくうちに、デリケートなコントロールが要求されるドローショットを選択した際には、谷田がスイーパーとして、松村の脇に控えた。

「自分で投げて履くっていうことに、まだ慣れていないのか、自分の石をしっかり見られていないのかわからないけれど、(パートナーに)スイーパーについてもらうほうが投げやすい。それで、(ドローも)決めることができました。ありがとうございます」

 そう言って、松村は谷田に感謝したが、大事な局面においては、チームとしての共通事項も崩して、好ショットにつなげた。そうした柔軟な対応も、このペアの大きな武器となっていた。