2020.02.07

永島優美アナがじつは苦手だったサッカー。
「好き」に変わった契機は?

  • text by Sportiva
  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

永島優美インタビュー 前編

MCの浜田雅功さんと各界で活躍するアスリートがトークを繰り広げ、競技や選手の魅力を伝えている『ジャンクSPORTS』(毎週日曜・夜7:00〜 フジテレビ系)。その中で浜田さんをサポートしつつ、番組を一緒に盛り上げているのが永島優美アナウンサーだ。今回、2月9日、16日の2週にわたって放送される『大相撲スペシャル』の収録後にインタビューを敢行。番組の見どころやアスリートへの思いなどを聞いた。

豊かな表情でインタビューに応えてくれた永島優美アナ――永島さんが番組の担当をされるようになったのは、レギュラー放送が復活した2018年1月からですが、それ以前(2000年〜2010年までレギュラー放送)の番組を見たことはありましたか。

永島 学生時代の頃、よく見ていました。それこそ浜田さんがいて、内田恭子さんがいて、三宅(正治アナ)さんがいて。『ジャンクSPORTS』イコール、スポーツ選手の新たな一面を知ることのできる番組だと思っていました。

『ジャンク』を見れば、それまで知らなかったスポーツを知ることができたり、「この選手はこういうキャラクターだったんだ」と新たな発見があったり。

 その番組が復活するということ自体がイチ視聴者としてうれしかったんですけど、まさか自分が入社して、浜田さんと一緒に司会をさせていただくことになるとは思ってもいませんでした。

 テレビの世界に入ってからいろんな驚きの連続なんですけど、入社して上位3位以内に入るぐらいビックリしました。

――それからすでに2年経ちますが、番組を続けてこられた感想はいかがですか。

永島 楽しくて仕方がないですね。毎回大笑いして、「あ〜楽しかった」と言って帰っています(笑)。

 今、東京オリンピックに向けてスポーツへの熱がより高まっているこの日本で、アスリートの皆さんの思いや、あまり知られていない努力など、そういうシーンをなるべくたくさん視聴者の方にお届けしたいと思っています。

 この番組を通して、私自身、スポーツに対する気持ちが改めてグッと強くなりましたし、試合の見方が変わりました。

 番組に出演していただいた選手のバックグラウンド、「こういうことを話していた選手だ」とか、「この選手は家族のこういうサポートがあって闘えているんだな」とか。そういうことがわかると、より深くスポーツを楽しめるんじゃないかな、というふうに感じています。