2019.03.15

経験不足も心配ナシ。中部電力が
日本カーリング女子の力を世界に示す

  • 竹田聡一郎●文 text&photo by Takeda Soichiro

 カーリングの女子世界選手権(3月16日~24日)がデンマーク・シルケボーで開催される。

 2月の日本選手権で全勝優勝を果たした中部電力が日本代表として出場し、3月7日、チームは両角友佑コーチ、鵜沢将司トレーナーらとともに成田空港を出発した。

 スキップの中嶋星奈は「いつもどおり、みんなの正確なショットを引き出せるようにがんばります」と抱負を語った。その表情からは、ここまでのシーズンの疲労や、世界戦に対する過度の緊張も見られない。いい状態で大一番に臨めそうだ。

世界選手権での奮闘が期待される中部電力 チームはまず、シルケボーと時差のないスイスのルツェン入り。JCA(日本カーリング協会)ナショナルコーチのJ.D.リンドと合流し、時差調整を兼ねた5日間のミニキャンプを張ってから現地に向かった。

 世界選手権のような長丁場の大会においてカギになるのは、やはり初戦。3月16日のスコットランド戦だ。両角コーチも「大切なゲームだと思う」と語るのには、理由がある。

 世界選手権は前回大会(カナダ・ノースベイ)から、参加国が12カ国から13カ国へひとつ増加された。それに伴って、ラウンドロビン(総当たりの予選リーグ)からプレーオフ(決勝ラウンド)に進めるチーム数も、以前の上位4チームから上位6チームに変更された。