2017.08.29

レジェンド葛西を超えて。
日本男子ジャンプには「小林兄弟」がいる!

  • 折山淑美●取材・文・写真 text&photo by Oriyama Toshimi

 8月26日から白馬ジャンプ競技場で開催された、サマーグランプリ白馬大会。これまで3戦3勝のダビド・クバツキ(ポーランド)など、グランプリ総合ランキング10位までの選手は出場せず、ここまで目立った活躍ができていない日本勢にとっては、挽回のチャンスとなる大会だった。

優勝した兄の小林潤志郎(中央)と2位の陵侑(左) 競技前日の公式練習と予選で好調さをアピールしていたのが、「この大会にピークを合わせていた」という小林陵侑(りょうゆう/土屋ホーム)だ。1本目は126mを飛んで飛距離点とウインドファクターを合わせた得点は2位。2本目も122mを飛んで7位につけると、予選となった3本目は弱い追い風になった中で126.5mを飛び、五輪2冠×2回の実績をもつベテランのシモン・アマン(スイス)を抑えて1位通過を果たした。

 昨季は世界選手権代表になったものの、最後のラージヒル団体のみの出場。W杯もフル参戦しながら30位以内には一度も入れず、ポイント0という屈辱を味わった。雪辱を期す今季は、チームの宮古島合宿で筋力をつけ、スキーも試しながら替えるなど意欲的に取り組んでいた。

 26日の第1戦では、1本目が秒速0.81mの追い風。それでも「そんなに悪いジャンプではなかった」というように、122・5mを飛んで4位につけて好調をアピールする。だが2本目はひとり前からゲートを下げられたうえ、ちょうど追い風が強くなった時に当たってしまい、118.5mで11位まで順位を落とした。