2017.01.29

カーリング日本選手権。LS北見が
五輪代表を勝ち獲るのか、それとも…

  • 竹田聡一郎●文 text&photo by Takeda Soichiro

 第34回全農日本カーリング選手権大会が1月30日から2月5日まで、長野県の軽井沢アイスパークで開催される。

 昨年2月に青森県で行なわれた前回大会では、ロコ・ソラーレ(以下、LS)北見が初優勝を果たし、3月にはカナダ・スウィフトカレントで開催された世界選手権に日本代表として出場。若いチームらしい攻撃的な戦術と、高いスイープ力を武器に快進撃を見せ、日本カーリング史上初となる銀メダルを獲得した。

 その結果により、日本は2018年平昌五輪への出場が確実視されており()、残るは国内の代表選考のみ。そして今大会が、まさにその五輪代表チームを決定する舞台となるのだ。
※平昌五輪の出場権は、同五輪から逆算して行なわれる過去2回の世界選手権、すなわち2016年スウィフトカレント大会、2017年北京大会の、両大会の結果によって振り分けられるポイントで決定される。2016年大会で準優勝の日本代表はすでに12ポイントを獲得。同じレギュレーションで競われたソチ五輪のときは、出場に必要なポイントは9ポイントだった。そのため、日本の出場の可能性は限りなく高いとされている。

 すでに日本カーリング協会は、ディフェンディングチャンピオンのLS北見が連覇を達成すれば、同チームを五輪代表に内定。違うチームが優勝した場合は、LS北見との五輪代表決定戦開催(会場と時期は未定)の旨を発表している。つまり、LS北見以外のチームにとっては、この日本選手権が五輪出場への最後のチャンスとなる。例年以上に気持ちの入ったゲームが見られることは間違いないだろう。