2015.09.02

ブラサカ日本代表がアジア選手権でパラリンピック初出場を狙う

  • 松原渓●取材・文 text by Matsubara Kei

 ブラインドサッカーアジア選手権が9月2日(水)~9月7日(月)まで、国立代々木競技場フットサルコートで開催される。

※視覚障がい者スポーツにおいては、その「見えにくい状態」を3つのカテゴリーに分ける。
B1 : 全盲から光覚(光を感じられる)まで
B2 : 矯正後の診断で、視力0.03まで、ないし、視野5度まで
B3 : 矯正後の診断で、視力0.1まで、ないし、視野20度まで
 B1と診断された人がプレーするのがブラインドサッカー。B2かB3と診断された人がプレーするのがロービジョンフットサル。

アジア選手権の会場となる代々木競技場フットサルコートで練習する日本代表選手たち この大会は、2016年パラリンピック・リオデジャネイロ大会出場権をかけたアジア予選であり、上位2カ国に出場権が与えられる。日本はパラリンピック初出場をめざし、開催国の意地をかけて今大会に臨む。

 2007年10月に韓国で行なわれたパラリンピック北京大会予選で、日本は強豪の中国とイランに引き分けながら、最終的に4位で出場権を逃した。また、2011年12月に仙台で行なわれたロンドン大会予選では、残り15分で2失点を喫し、つかみかけていたパラリンピックへの道が閉ざされてしまった。2大会ともあと一歩のところで涙をのんできた「ブラサカ日本代表」にとって、パラリンピック出場は悲願である。