2015.05.21

【月刊・白鵬】横綱が語る。照ノ富士と逸ノ城との「違い」

  • 武田葉月●構成 text&photo by Takeda Hazuki

第50回:照ノ富士と逸ノ城

本場所前の「土俵祭り」(※新たな場所を迎える土俵の地鎮祭)を神妙に見守る白鵬(後列中央)。後列左は日馬富士、右が稀勢の里。連日盛況な大相撲夏場所(5月場所)。
35回目の優勝を目指す横綱は、
初日こそ黒星を喫したものの、
その後は安定した相撲を見せている。
そんな横綱が今、期待の若手力士の
気になるふたりについて語る――。

 大相撲夏場所(5月場所)もいよいよ終盤戦を迎えます。

 おかげさまで今場所も、両国国技館(東京都)は初日から満員御礼が続いています。それは、私たち力士にとって、大いに励みになっています。その分、足を運んでくれたファンのみなさんには、大相撲の"生"の迫力を存分に堪能していただけるよう、我々も精一杯がんばっていきたいと思います。

 さて今場所、私は初日から黒星を喫してしまいました。小結の逸ノ城に突き落としで敗れてしまったのです。とはいえ、初日の黒星は久しぶりのことで、逆に目が覚めたというか、自らの足もとを見つめ直すいい機会になりました。私自身、この敗戦は前向きに捉えています。

 翻(ひるがえ)って、私に土をつけた逸ノ城ですが、元気がありません。昨年彗星のごとく現れて、一躍脚光を浴びました。「モンスター」と称されて、上位力士もことごとくなぎ倒していきましたが、今年に入ってからは、以前の勢いが影を潜めてしまったというか、"怖さ"が半減しているような気がします。

 代わって、勢いを増しているのは、逸ノ城と同じ鳥取城北高校の先輩、照ノ富士(関脇)です。先場所(3月場所)でも、私と最後まで熾烈な優勝争いを演じました。

 この夏場所の前には、国技館の本土俵で横綱審議委員会稽古総見が行なわれましたが、そこでも存在感が際立っていたのは、照ノ富士でした。