坂本花織の「まあいいか、も必要」の金言 島田麻央は「次にノーミスができたら自分を褒めてみようかな」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

全日本選手権で3位に入った島田麻央全日本選手権で3位に入った島田麻央この記事に関連する写真を見る「すばらしい選手がたくさんいるなかで3位をとれたのはすごくうれしいんですけど、自分の演技に関しては悔しい部分が何個かありました。悔しい気持ちとうれしい気持ちと、両方あった試合になりました」

 全日本選手権で15歳の島田麻央(木下アカデミー)はショートプログラム(SP)とフリーの合計を202.18点とし、昨年と同じ3位。坂本花織と千葉百音に続く順位だった。

 昨季ジュニアに移行し、それ以来、全日本ジュニア選手権は3連覇中、ジュニアカテゴリーの国際大会と2度のグランプリ(GP)ファイナルも含めて全勝中の島田。シニア勢と戦う唯一の大会である全日本で目指していたのは自己最高得点(SP73.78点/フリー152.76点/合計224.54点)の更新だった。

【ジャンプ失敗に悔しさしかない】

 SPではジュニアのルール上では跳べないトリクルアクセルをプログラムに組み込めて、演技時間が少し長くなるフリーはジュニアにはないステップシークエンスがある。大技に加えて、要素が増えるため、自己ベスト更新の見込みは十分にあたった。

 だが12月22日のSPで、その目標を果たせなかった。

 冒頭のトリプルアクセルは、直前の練習でも決めていたように、しっかり跳んで1.71点の加点をもらうジャンプとする。「リスクはあっても、挑戦する立場だと思うので挑戦したかった」と島田。しかし、最後のジャンプだった3回転ルッツ+3回転トーループは、いつもよりやや速いスピードで入り、ルッツの回転軸が斜めになり、アンダーローテーションで転倒。連続ジャンプにできなかった。

 全日本ジュニアとジュニアGPファイナルと2戦続けてSPでミスをしていただけに、「今回こそ」と強い思いがあったが、順調に来たからこそ最後は力が入った。

 ルッツの転倒がありながら、そのあとのスピンとステップはきっちりとこなした。とくに最後のコンビネーションスピンはいつもより速い回転で少し長く回った。「失敗した分、スピンやステップで少しでも多く点をとりたいと思った」。最後に向く方向を間違えたが、彼女の悔しさと気迫が伝わってきた。

 SPの得点は65.23点で7位。合計200点台にのせる可能性は残したが、島田は「正直、トリプルアクセルを入れるし、自己最高得点は更新したいと思っていたので得点を聞いた時は悔しさしかなかったです」と言う。

1 / 3

プロフィール

  • 折山淑美

    折山淑美 (おりやま・としみ)

    スポーツジャーナリスト。1953年、長野県生まれ。1992年のバルセロナ大会から五輪取材を始め、夏季・冬季ともに多数の大会をリポートしている。フィギュアスケート取材は1994年リレハンメル五輪からスタートし、2010年代はシニアデビュー後の羽生結弦の歩みを丹念に追う。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る