2021.02.01

日本女子フィギュアの「伏兵」3人。五輪出場への狭き門に挑む

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 坂本 清●撮影 photo by Sakamoto Kiyoshi

 引退を撤回して挑んでいる新田谷凜(23歳)も、ダークホースと言えるだろう。昨年の全日本ではSPで5位と健闘し、国体でもフリーで5位と輝きを見せた。ただ、SP、フリーをふたつそろえるのを苦労している。

「トリプルアクセルの練習を本格的にしたいと思っています」

 新田谷はそう公言した。トリプルアクセルという難解なカードを引くことで自らを奮い立たせ、演技全体を旋回させられるか。

「全日本のフリーで最終グループに入って、欲が出てきました。構成を上げてやりたい気持ちというか。練習は試合、試合は練習と、日ごろから意識を高めて取り組んでいきたいです」

 トリプルアクセルを捨てるか、拾うか。五輪イヤー、それはひとつの岐路になる。4回転挑戦に打って出る選手も少なからずいるだろう。はたして、運命はどう転ぶのか。そこには、光と影の物語があるはずだ。

関連記事