2021.02.01

日本女子フィギュアの「伏兵」3人。五輪出場への狭き門に挑む

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 坂本 清●撮影 photo by Sakamoto Kiyoshi

1月30日、愛知国体成年女子フリーを滑る川畑和愛 今年3月、スウェーデンでフィギュアスケート世界選手権の開催が濃厚になってきた。そこで、来年2月に予定される北京五輪出場枠数も争われるという。

 日本女子フィギュアは前回の2018年平昌五輪、2つの枠で参戦している。今回は、3つを勝ち取りたいところか。ロシア、アメリカと並ぶ"フィギュア大国"の日本にとって、不可能ではない。

 もっとも、3人だとしても"狭き門"だ。

 全日本選手権を連覇し、トリプルアクセルだけでなく4回転も成功させた紀平梨花はひとり抜きん出ているか。他は群雄割拠。"2番手グループ"は坂本花織、宮原知子のふたりが実力・実績で上位も、樋口新葉、三原舞依はひっくり返す力を持つ。また、ジュニア世代も昨年の全日本で4位に入った松生理乃、トリプルアクセルを武器とする吉田陽菜、4回転にも挑戦するという河辺愛菜の新鋭3人も未知の爆発力を秘める。

 そして伏兵たちも、虎視眈々と五輪を目指しているーー。

 1月29、30日、名古屋。愛知国体・フィギュアスケート成年女子は坂本が優勝したが、紀平、宮原以外、全日本に近いメンバーがそろい、火花を散らしている。