2021.02.01

坂本花織が高得点を出せるようになった理由。世界との戦いにも手応え

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 坂本清●写真 photo by Sakamoto Kiyoshi

愛知国体で優勝を飾った坂本花織、ほぼ完璧だったSPの演技 愛知国体フィギュアスケート成年女子個人で、ショートプログラム(SP)首位の坂本花織が、フリーでも1位の149.33点を出して合計227.78点で大会2連覇を達成。2位の川畑和愛に25.42点差をつける圧勝で、3月の世界選手権に向けて充実ぶりを見せた。都道府県別の団体でも、4位の三原舞依とのコンビで兵庫代表として優勝を飾った。

「年末年始は成人式の髪飾り制作をかねて家にこもっていましたが、(その後は)しっかり練習して調子を戻してきました。ただ、全日本選手権までの勢いは半分くらいまで落ちてしまって、若干、全日本選手権ほどの濃い練習はできていないんですけど、それなりにはできたかなと思います」

 コロナ禍の中、新進気鋭の振付師として活躍するフランス人のブノワ・リショー氏にリモートで振り付けてもらい、自身最高難度の演技構成に挑戦している今季のSP『バッハ・ア・ラ・ジャズ』では、ほぼミスのない演技をして、非公認ながらも自己ベストの78.45点をマーク。80点前後で争っている世界のトップ選手たちと肩を並べる得点を、昨年11月のNHK杯に続き、コンスタントに出せるようになった。

「昨年の国体で77点を出せたので、それを超えたいなと思っていた。自己ベストを出せてその点数を超えられたので良かったですし、驚きました。

 今季の手応えで一番大きかったのは、後半に3+3(3回転の連続ジャンプ)を入れたことと、3回転ルッツを入れたことです。後半に3+3をすることは前のオリンピックの時以来だったので、緊張はいまでもあるんですけど、それがやっとできるようになったのが一番の収穫です。ルッツも、(エッジ)エラーになるからずっとやめていたんですけど、それを(気にせずに)思い切って高得点を狙うことだけを考えてやってきたので、それが今季の得点に表われてきているので、自信になったと思います」

 さらに、2シーズン継続しているフリー『マトリックス』(振り付けはやはりリショー氏)は、音楽との一体感が増し、ダイナミックなジャンプとスピード感あふれる滑りが見応えあるプログラムになった。坂本の代表作のひとつになったと言ってもいいだろう。