2021.01.07

宮原知子が見せた圧巻の表現力。「ずっと自分と向き合ってきた」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • photo by JMPA/Enomoto Asami

名古屋フィギュアスケートフェスティバルで今年初滑りを見せた宮原知子名古屋フィギュアスケートフェスティバルで今年初滑りを見せた宮原知子  1月4日、日本ガイシアリーナで行なわれた「名古屋フィギュアスケートフェスティバル」。昨年12月の全日本選手権でショートプログラム(SP)6位からフリーで挽回して総合3位に食い込んだ宮原知子は、エキシビションナンバー『Egyptian Disco』(ブノワ・リショー振付)を披露した。

 22歳になり、大人の女性としての表現の幅を広げてきた宮原が、テンポの速い曲に乗ったエキゾチックな演技で観客を引き込み、音楽の雰囲気を十二分に発揮してひとつの作品を表現してみせた。

 今季は新型コロナウイルスの世界的流行により、予定されていた大会が次々と中止や延期に。プログラム作りも、プログラムを滑り込むことも難しい状況だった。そんな中で、SPの『グノシエンヌ 第一番』(ステファン・ランビエール振付)とフリーの『トスカ』(ローリー・ニコル振付)というプログラムを新しく作り上げた。ただ、出場予定だったスケートカナダが中止になった以降、ひたすら拠点のカナダで練習に取り組むことしかできず、新プログラムを披露する機会がなかった。やっとプログラムを初お披露目した大会が全日本選手権だった。

 この大会のフリーを終えた後、宮原はこう振り返っている。

「今年、最初で最後の大会で新しいプログラムを初披露することになったので、自分も楽しもうと滑りました。どんな失敗でも全部受け止めようと臨んだ大会でした。SPもフリーもミスはありましたが、緊張もしていろいろなことを考えて、複雑な気持ちを抱えて試合に臨みました。でも、少しは手応えを得られたので、いい全日本でした」

 SPでは3回転ループが2回転となり、フリーでも3連続ジャンプの2回転ループで回転不足を取られ、連続ジャンプの3回転トーループでは「q」マーク(4分の1回転足りない)がついた。

 試合本番で気持ちのコントロールが思うようにできず、練習どおりの演技ができないことが課題だという宮原。昨季までは動きの硬さからジャンプをしっかり回り切れないことが多く、回転不足を取られることが多かったが、全日本選手権ではしっかりと回り切ったジャンプがほとんどで、GOE(出来栄え点)での大幅減点は少なかった。