2020.11.11

鍵山優真、涙が溢れた父からの言葉。東日本選手権で悔しい2位

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 これまでいい感覚で滑っていたSPは、最初から最後までアップテンポの曲調で踊り続けなければいけないプログラムであるがゆえに、最初からうまく乗れないと負の連鎖が続いてしまうことを今回経験した。また、新たな挑戦となったフリーでも、予想外のアクシデントで流れが崩れてしまうことを味わった。

 昨シーズンの全日本選手権から納得する演技が続いていたからこそ、この悔しい失敗は大きな教訓にもなった。鍵山にとって今回の東日本選手権は、今後へ向けてひとつの収穫を得る大会になったといえる。

関連記事