2019.12.02

羽生結弦vsネイサン・チェン。GPファイナルは異次元の戦いの予感

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

グランプリファイナルで優勝を目指す羽生結弦 2019年のグランプリ(GP)シリーズ全6戦で、それぞれ2勝したのは、羽生結弦とネイサン・チェン(アメリカ)だった。そのふたりに続く、合計ポイント3位のアレクサンダー・サマリン(ロシア)は、2試合の合計得点でチェンより66.7点低い529.55点と、上位ふたりの実力が飛び抜けている。

 NHK杯終了後、羽生が「ファイナルは、ネイサン選手との戦いとしか思っていないです。やっぱり勝ちたい」と話していたように、羽生とチェンの一騎打ちの様相を呈している。

 今シーズンの安定感では、羽生に軍配が上がる。とくにショートプログラム(SP)は、スケートカナダとNHK杯の2戦とも、「自分の中ではまだ完璧ではない」と不満を持つ滑りながらも、109.60点、109.34点と高いレベルで安定している。

 スケートカナダのあとには「今季のルールではフリーで220点というのはちょっと難しいと思うので、とりあえずショートは110点、フリーは215点を目指してやっていきたい」と話していたが、SPは完全に目標点のクリアが見えている。また、2試合とも後半の4回転トーループ+3回転トーループのGOE(出来ばえ点)加点がやや少なく、スピンやステップでも上積みできる余地がある。

 一方フリーも、スケートカナダでは4回転ループの着氷が若干乱れてGOEで0.15点減点されながらも、212.99点を出せたことに羽生は自信を深めている。さらに、NHK杯には4回転ループと4回転サルコウをセットでしっかり決めることを課題にして臨み、4回転ループはGOE加点1.65点の出来にして、4回転サルコウは3.19点の加点をもらった。羽生自身はまだ納得できない部分がある着氷ながら、安堵できる結果を出したと言える。

 また、フリー後半の4回転トーループがパンクして2回転になるなど、トーループに関してはSPで不本意なジャンプになったが、これについては「原因はわかっている」と、しっかり分析できているだけに修正は可能だ。

 昨季、ループやサルコウのエッジ系のジャンプでズレが出ていたことに関しても、NHK杯の練習や本番直前に入念に氷の状態をチェックしていた羽生は、こう話した。