2019.11.04

本田望結も奮闘。フィギュアスケートの次代を担うジュニア女子の争い

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 坂本清●撮影 photo by Sakamoto Kiyoshi

西日本選手権に出場した本田望結「アクセル(の失敗)は悔しいです。練習で苦手意識がついてしまっていて。ただ、(失敗の)理由はわかっているので、(気持ちは)モヤモヤはせず、悔しいだけで」

 本田望結は手を前に組んで、無念さを隠さずに言った。本業の一つである女優のように、拵えた表情ではない。本田は完全なる競技者として、その場に立っていた。

 11月2日、滋賀県立アイスアリーナ。西日本選手権で次代を担うフィギュアスケートのジュニア女子、ショートプログラムが午後1時半からスタートしていた。本田は4番目の滑走だった。

 ジュニア女子の試合は、午後5時近くまで続いている。

 約3時間半、少女たちが順番に入れ替わるように会場へ来ては去っていった。お化粧し、髪を整え、やや緊張した面持ちで会場にやってくる選手がいた。その一方、演技後は一人で悄然として去る者がいて、充実感を滲ませながら帰る選手もいた。光と影が同時にそこに浮かんだ。