2019.09.19

進化する紀平梨花、体力面に自信。
「フリーは初めからラクに感じる」

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 今季のフリープログラムは、世界平和を願う『インターナショナル・エンジェル・オブ・ピース』という壮大な曲。「振り付けのトム・ディクソンさんに言われて、いろんな表情の練習をしてきた成果を少しは出せていると思いますが、もっと自分の考えを出せるようにしていかなければいけないと思います」

 4分間の滑りでは、優雅な動きも見せている。

「ショートがすごくしんどいプログラムなので、フリーは初めからラクに感じました。最近はショートをラクに感じるようになったことでフリーの体力も付いてきたし、ショートほどせわしくないので集中できるようになり、ジャンプも跳べるようになってきました」

 さらに、今季入れる予定にしている4回転サルコウについては、こんなふうに話す。

「4回転サルコウは、ショートが終わった時点で、翌朝に3回転サルコウを跳んでみて、感覚がよければ練習をしてみようかなと思ったけど、リンクの氷が違ってそれどころじゃなかったので、他のジャンプの練習をしました。まだ練習でもしっかりできていなくて、今回は間に合わせられなかったけど、次の試合には入れるつもりで本気で練習をします。

 そのためにはほかのジャンプを安定させて、今回のようにギリギリということがないようにしなければいけません。ほかのジャンプに不安がなくなれば、『4回転を入れよう』と確実に思うようになるだろうから、まずは、ほかのジャンプを完璧にしていきたいです」

 崩れかけたトリプルアクセルをしっかり立て直し、きっちりと優勝をできたこと。それは今季の紀平が、さらなる進化を続けている証でもある。

関連記事