2019.04.14

「やるか…」とつぶやく宇野昌磨。大技に挑む強い想いを胸に再出発

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 今季の宇野は、強くなりたい、勝ちたい、という気持ちを前面に押し出して戦おうとしていた。だが、今はうまくなりたい気持ちの方が大きいという。勝つために他者と自分を比較するのではなく、うまくなろうとすることで自分のフィギュアスケートをさらに追及できる気持ちになったのだろう。そしてそれが、強さや勝利につながる。

 そんな気持ちになったからこそ、ジャンプに対する意識も変わったようだ。

「今シーズンはルールが変わったこともあって、跳べるはずのジャンプを何回も練習せずに1年を過ごしました。でも、男子の成長はとてつもなく早いし、自分もまだ成長していかなければいけない。それを世界選手権で強く思いました。トリプルアクセル+4回転トーループもすぐには武器にならないかもしれないけど、何年かけても自分の武器にしていきたい。僕はこれまで、『ケガをするから4回転以上のジャンプはやらない』と言ってきたけど、ルッツも含めてそれ以上のジャンプも視野に入れ、練習をしていきたいと思います」

 そして「あまり公言はしたくないんですけど」と言って、宇野はこう続けた。

「4回転アクセルは僕にはあまり向いていないと思っているけど、4回転トーループは回り過ぎるので、『それ』をちょこっとだけ練習してみようと思っています」と、5回転への挑戦を匂わせたのだ。

 自分らしさ、という新たな挑戦への決意。世界国別対抗戦で宇野は、そんな前向きな姿勢を見せてくれた。

関連記事