2018.10.26

宇野昌磨、GP初戦に手応え。
「練習でこれだけ変わるんだと実感」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha photo by AFLO

「ルール改正された今季は、とくに失敗したジャンプは点数がとても下がってしまうじゃないですか。そう考えると、これまでよりもグランプリシリーズで2戦とも上位にいるというのはかなり難しいことになりますけど、自分が練習してきたことを出せれば、おのずと結果はついてくると思っているので、しっかり練習の成果を出したいと思っています。

 もちろん、結果へのこだわりはありますし、GPファイナルに行きたい、より上位を目指したいという気持ちはあります。けれども、自分の演技さえすれば、きっといい結果はついてくるんじゃないかなと思うので、とにかく試合に向けて自分らしい演技ができるようにやっていくだけです」

 昨季から取り組んでいる”質のいいジャンプ”は形になってきており、トリプルアクセルや4回転トーループは着氷が美しく流れるようになってきた。今後は、武器の4回転フリップ、そして4回転サルコウなど、あらゆるジャンプの質をさらによくしていくことが必要となる。

 洗練されてきた演技に美しいジャンプが加われば、今季こそ、大きな舞台で頂点に立てる力を発揮できるだろう。

関連記事