2018.10.26

宇野昌磨、GP初戦に手応え。
「練習でこれだけ変わるんだと実感」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha photo by AFLO

「自分を信じる」をテーマに掲げて今季に挑む宇野昌磨。練習への取り組み方も、昨季より「熱心になった」。その成果を発揮することができるかどうか、いよいよグランプリ(GP)シリーズのスケートカナダが10月26日(現地時間)に開幕する。

グランプリシリーズ初戦スケートカナダに挑む宇野昌磨 大会前日25日の公式練習。午前中の1回目は、まだすっきりと目覚めていないせいもあるのか、フリー『月光』の曲掛けでジャンプの失敗が目立った。冒頭4回転サルコウで転倒。続く4回転フリップでは両足着氷してリンクにひざをつき、後半の3連続ジャンプでも3本目の3回転フリップで転倒するなど、ミスを連発。それでも、引き締まった表情を見せながらの演技はぴりっとしており、感情が込もっていた。

「調子は普通です。フリップの調子が少し悪い感じですが、サルコウもトーループもまずまず。このごろジャンプの確率が上がってきていて、トーループも自分が求めていた質に近くなってきているのではないかと思います。どうしてか、ですか? 気持ちの持ちようですかね。どうやって練習するか、どうやって練習に取り組むかで、これだけ変わるんだなというのを実感しています」

 練習後にそうさらりと言ってのけた宇野は、20歳を迎えて少し大人びてきた印象がある。練習に対する意識も高くなり、考えながら取り組めるようになったという。

 今年のスケートカナダは、モントリオール郊外にあるラバルという町で初めて行なわれる。会場のプレイス・ベルは昨年できあがったばかりの施設だという。昨年のスケートカナダでも優勝している宇野は、カナダのファンにもおなじみなのだろう。練習中から黄色い歓声はかなりのものだった。