2018.01.27

坂本花織、四大陸フィギュア初Vが
平昌五輪でメダル獲得への追い風に

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 坂本 清●撮影 photo by Sakamoto Kiyoshi

 1月24日からの四大陸フィギュアスケート選手権は、日本の宮原知子と坂本花織にとっては、勝負というよりは平昌五輪へ向けてどういう調整ができているかを確かめる意味合いが強い大会となった。

 ショートプログラム(SP)で勢いを見せたのは坂本だった。右足の魚の目(うおのめ)が悪化して万全ではない状態だったが、「昨日の練習で中野(園子)先生がパットなどを工夫してくれて、今までで一番痛くなかったので、ほとんど気にならず集中できた」という。

優勝は坂本(中央)、2位三原(左)、3位宮原(右)と表彰台を独占した日本女子

「3回転フリップ+3回転トーループも3回転ループも、自分がいい時の幅や高さではなかったけど、降りられてよかった」と言う坂本は、後半に入れたジャンプでそれぞれ1.30点と1.20点のGOE(出来ばえ点)をもらう出来。ステップこそレベル3にとどまったが、ノーミスの演技で自己最高の71.34点を獲得した。

「五輪代表に選ばれた限りはミスをしてはいけないという緊張感もあって、今までと違いましたが、自己ベストだったのでめちゃうれしい」と明るい表情を見せた。

 一方、宮原のSPは「こっちへきてからルッツがハマっていない感じなので緊張していた」というように、やや硬い滑り出しになった。