2017.07.09

三原舞依、宇野昌磨にキレあり。
アイスショーから今季の激戦が見えた

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登 直/Dreams on Ice 2017●撮影 photo by Noto Sunao/Dreams on Ice 2017

 一方、男子では、宇野昌磨がアイスショーで演技を重ねて、新SPの『冬(ビバルディの四季より)』の精度を上げてきている。スピードのあるスピンを決めるとステップもキレがあり、彼の持ち味である曲に入り込んだ演技を披露。

4回転ジャンプも成功させるなど、精度が上がってきている宇野「4回転フリップは運よく跳べたという感じでしたが、それ以上に最近は4回転トーループの確率がよくないです。本来なら連続ジャンプにしなければいけないところなので、そこが課題です」と反省するが、大トリで出演すると4回転フリップと4回転トーループに続き、トリプルアクセルもきれいに決めた。

「アイスショーでだいぶ手応えをつかんできたところです。これまではつなぎの部分をぎこちなくやっていましたが、ジャンプだけでなく、つなぎも意識できるようになってきたので演技がスムーズになっています。プログラムを自分のものにしていく段階になったと思います」

 こう話す宇野は、「アイスショーはショートばかりやっていたので、フリーはまだ通しでやってないです。これからやっていこうと思います」と苦笑する。

 宇野はこのあともアイスショーに出演する予定で、SPに関しては仕上げの時期に入ってきているようだ。