羽生結弦、今季プログラムは超高難度。
「内容の濃さを楽しんで」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 今季のプログラムは、SPが試合で成功すれば史上初となる4回転ループを最初に入れ、次に4回転サルコウ+3回転トーループの連続ジャンプ、そして後半にトリプルアクセルを入れる構成だ。

 フリーは最初に4回転ループと4回転サルコウの単発ジャンプ、中盤に3回転フリップ。そして後半に4回転サルコウ+3回転トーループの連続ジャンプを入れ、その後に単発の4回転トーループ、それから、昨シーズンと同じようにトリプルアクセルからの連続ジャンプと3連続ジャンプをふたつ入れ、最後に3回転ルッツを入れる難度の高い構成になった。

「ショートの『レッツゴー・クレイジー』はアップテンポの曲でリズムもすごく速くて、観ている人もエキシビションのように楽しめるプログラムです。その中でも競技用のプログラムとして難しさだったり、内容の濃さを楽しんでもらえればと思います。フリーの方は、テーマとしてはすごく雄大なものだと思いますし、日本人作曲ということで日本的なメロディラインもあると思います。ただ、テーマがガッチリ決まっている曲ではないので、風であったり木であったり水であったりを、自然に表現したいと考えています」

3 / 4

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る