2016.03.30

羽生結弦、世界選手権へ。前日練習での乱れは「吉兆」の表れ

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 だが、その後に行なわれた前日練習では、羽生の演技に少々、乱れが出た。

 夜の公式練習は曲かけで行なわれる。曲がけを前に登場した羽生は、いつも練習で最初に跳ぶ3回転ループがパンク。2回目も同じ結果になり、気持ちを取り直して跳んだ得意なトリプルアクセルも両足着地になった。曲かけのために気持ちを盛り上げようとしたが、逆に早く盛り上げようとして気持ちが空回りしたように見えた。その後に跳んだ4回転トーループ+3回転トーループはきれいに決めたが、4回転サルコウは回転し過ぎとなり、着氷したあとで転倒。不安を残しての曲がけとなった。

 結局、曲がけでは冒頭の4回転サルコウはきれいに決めたが、次の4回転トーループはパンクして2回転に。さらにその後もデニス・テン(カザフスタン)と接触しそうになって演技を中断。その後のステップでは感情を表に出す滑りをしたが、終盤でまたテンと接近して演技を中断する不運に見舞われた。

 曲がけ終了後の羽生は、しばらく間を置くと、3回転ルッツと3回転ループを跳んだ後に、トリプルサルコウからの3連続ジャンプを決めた。だがそれだけでは気持ちの切り換えができなかったのか、2歩ほどの助走でトリプルアクセルからの3連続ジャンプを決めると、さらに4回転ループに挑戦した。その4回転ループは2回失敗。3回目になってやっときれいに決めることができた。