2015.04.15

元国際審判員が語る羽生結弦「彼はまだピークを迎えていない」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha  能登直●撮影 photo by Noto Sunao

世界選手権では連覇を逃がした羽生結弦。だが、ソチ五輪で金メダルを獲得してから1年、彼は「その先」を目指して歩んできた。さらなる成長のためのポイントはどこにあるのか。元国際審判員、杉田秀男氏が解説する。

■成長する余地はまだたくさんある

 これまで日本のトップスケーターは世界的にも評価され、またそれだけの実績も上げてきました。その代表格である髙橋大輔が引退し、浅田真央が休養した今シーズンは、後に続く選手、特にソチ五輪金メダリストである羽生結弦にとってはプレッシャーのかかる1年だったのではないかと思います。そこに負傷による不運も重なりました。

アクシデントやケガを乗り越えて、世界選手権で銀メダルを獲得した羽生結弦 今回の世界選手権では、全体のレベルが上がり、いくら優れた選手でも、自分のベストを出せなければ順位が下がってしまうことがはっきりしました。

 銀メダルに終わった羽生ですが、今季は万全なコンディションで一度も試合ができなかったはずです。今回は、大会への出場自体が危ぶまれる状況の中でも結果を残したことで、あらためて力のある選手だということを示したと思います。

 フリーでは得点源となる前半のふたつの4回転ジャンプでミスがありながら、後半のジャンプで崩れることなく、総合2位に入った。これは総合力で優れていたからです。まさにチャンピオンの力を持っている選手だと言えます。