2015.03.09

世界ジュニア制覇。「賭け」に勝った宇野昌磨が得たもの

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 その後は2回続くトリプルアクセルを、2つ目はわずかに回転不足になりながらもダブルトーループを付けて丁寧に跳ぶと、続くシットスピンからはスピードアップ。ステップも重厚な滑りでレベル4を獲得し、その後のジャンプも確実にこなしていく。気持ちを立て直し、苦手な3回転ルッツも加点を取る出来映えにした。

 だが最後になって、冒頭の4回転トーループの失敗が2回転と判定されているか、3回転と判定されているかが問題になってきた。最後に予定されているジャンプは3回転フリップ+3回転トーループ。もし最初のジャンプが3回転に認定されていれば、2回出来る3回転ジャンプは2種類だけという制限はすでにトリプルアクセルと3回転フリップで満たしているため、3回転トーループは回数オーバーとなり、最後の連続ジャンプは0点になってしまう。

「4回転をパンクするにしても、2回転だったら別にいいけど、3回転だったらヤバいよと言われていたんです。『まあ、それはないだろうな』と思っていたけど、実際に最初の4回転でパンクしてしまって。そのあとは今の自分が何をやらなければいけないかとずっと考えながら演技をしていたけど、自分では何となく3回転になっているという気がしていたので……」

 こう語る宇野は、最後の連続ジャンプの後半を2回転トーループにした。だが、もし最初の4回転が2回転と判定されていれば、今度は2回転トーループが3回目となり、やはり最後の連続ジャンプの得点が0点になってしまう。その判定次第で順位が大きく変わる可能性が出てきたのだ。