2014.12.28

全日本3連覇。羽生結弦が見つめ直したスケーターとしての原点

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 12月27日の全日本フィギュアスケート選手権の男子フリー。羽生結弦は冒頭の4回転サルコウでは転倒したものの、次の4回転トーループをきれいに決めて3連覇へ向けて勢いに乗るかと思われた。

2位に大差をつけて全日本3連覇を達成した羽生結弦 だが、3回転フリップを決めた後のスピンから異変が見られた。見せ場のひとつであるステップにいつものスピード感がなく、丁寧に滑ってはいるが、これでもか!と言わんばかりの迫力とキレがあったグランプリファイナルと比べれば、メリハリがない。その滑りは「かなり疲れているな……」と感じさせるものだった。

 それでも、演技後半に入ってからの3つの連続ジャンプを含む5回のジャンプはすべてGOE(出来ばえ点)で加点をもらうほどきれいに決め、最後のふたつのスピンをレベル4にする強さと執念を見せた。

 羽生のフリーは192・50点。前日のSPの94・36点と合わせ、合計286・86点にして、小塚崇彦、町田樹、村上大介の演技を残したこの時点でトップに立った。

 羽生を追いかける立場だった昨年の全日本2位の町田は、ひとつ目の4回転トーループを決めながらも次の4回転トーループで転倒。続くトリプルアクセルでも着氷でバランスを崩して連続ジャンプをつけられなかった。終盤に予定していた3連続ジャンプも最初の3回転フリップでステップアウトして単発ジャンプになってしまい、合計242・61点で総合4位に沈む予想外の結果となった。

 また、最終滑走者だったSP4位の村上大介は、「練習では10回跳んだら8回は成功していた」という4回転サルコウで2回とも転倒。さらに、トリプルアクセルは1回転半になるなどミスを連発して120・80点しか獲得できず、合計202・08点と振るわなかった。