2013.12.20

フィギュア全日本、注目はソチ五輪代表最後の「1枠」争い

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 12月21日からの全日本選手権で最終章を迎えるフィギュアスケートのソチ五輪代表争い。男女それぞれで3枠あるシングルの選考方法は、全日本選手権出場が最低条件で、ひとり目は全日本の優勝者。二人目は全日本2位および、3位の選手と、GPファイナル日本人表彰台最上位の選手から選出する。そして三人目は前記で漏れた選手のうち、全日本選手権終了時の世界ランキングと、ISU公認大会でのシーズンベスト記録上位3位までの選手から選考する。

ファイナルで連覇を達成し、五輪代表の座をほぼ確定させた浅田真央 日本は国別最大の3枠があるとはいえ、選手層が厚いため、毎回代表の椅子争奪戦は激しくなる。今季も、それはGPシリーズ開幕戦から始まっていた。

 その中で大きく抜け出しているのが、羽生結弦(ゆづる)と浅田真央だ。二人はともにGPファイナルで優勝と選考条件のひとつをクリアしており、シーズンベストも羽生はファイナルの293・25点。浅田はNHK杯の207・59点で他の選手たちを大きく引き離している。また、ファイナル終了時の世界ランキングも羽生は1位、浅田は2位で日本人最上位に立っており、ほぼ内定と言っていい状態だ。

 その二人に続く2番手となれば、男子はファイナル3位の織田信成がいるが、彼は髙橋大輔がケガで欠場したために繰り上がりでの出場だった。その髙橋はNHK杯で優勝しているうえに、シーズンベストも268・31点で羽生に次ぐ2番手。世界ランキングも現時点では3位と一歩リードしている。

 また女子は、他の選手がGPシリーズで表彰台に上がれなかったのに対し、鈴木明子がスケートカナダ2位、NHK杯3位と安定した成績を残している。さらにシーズンベストは浅田に次ぐ193・75点で、世界ランキングも日本人2番手の4位。髙橋と同じように代表有力候補と言っていい。