2022.07.15

「BreakingDown5」は混乱&大バズり。朝倉未来が期待の女子枠、ピーター・アーツも登場したオーディション動画は約2000万回再生

  • 篠崎貴浩●取材・文 text by Shinozaki Takahiro
  • photo by BreakingDown

 1分間最強を決める「BreakingDown」。前回(2022年3月21日)から約4カ月、7月17日に5回目の大会が行なわれる。6月4日に都内で開催されたオーディションには、過去最多となる総数72名が参加。そのうち15名は女子枠で、今回が初の試みとなる。

初の女子オーディションもピリピリした展開に初の女子オーディションもピリピリした展開に この記事に関連する写真を見る 「BreakingDown」は、総合格闘家の朝倉未来・朝倉海がスペシャルアドバイザーとして監修し、2021年7月4日 の第1回大会から改善を重ね、前回大会からはオーディションの様子をYouTubeで公開。血気盛んな参加者同士が取っ組み合い、時にはケージで対戦するという展開が話題となり、3本の動画の総再生回数は大会前にトータル1000万回を超えた。

 朝倉未来のYouTubeチャンネルにアップされた今回のオーディションの動画4本の再生回数は合計2000万回に迫りつつある(7月14日時点)。そのオーディションでは、これまでの大会に出場した瓜田純士(過去に前田日明がプロデュースするTHE OUTSIDERにも出場)ら13名がひな壇に座って参加者と対峙した。

 男子は、Aグループのフライ級から始まり、Jグループのヘビー級まで10組。オーディション開始前から控室で揉め事が起こったが、警棒を手にした参加者を朝倉海が「武器は使うな」と羽交い絞めにしてその場は収まった(その参加者は帰宅)。オーディションが始まると、椅子を蹴る、マイクを蹴って収録が止まるなどさらにヒートアップ。本戦出場を目指す参加者たちによる懸命のアピールが展開された。

ファンに愛される「ニキ」たち

 殺伐とした雰囲気の中、別の意味でインパクトを残したのが、元自衛隊の大山田涼太郎。安保瑠輝也の「安保チャンネル」メンバーTERUに対戦をアピールするため、席を立って詰め寄ると、手にしていた醤油をドボドボと頭から被った。しかし「オレ、お前とやる気で......」と話している途中で「ブフッ」とむせ返して苦痛の表情を浮かべると、緊迫した空気が一転。会場は笑いに包まれた。

 体を張ったアピールだったが、TERUには別に戦いたい相手がいたためあっさりフラれ、大山田は醤油の香りを残して会場をあとにした。それでもSNSでは多くの称賛の声が上がり、朝倉未来からは「醤油ニキ」というニックネームもつけられた。今回のオーディションで最もキャラ立ちしたひとりとなったため、今後に何らかの展開があるかもしれない。