2022.06.27

元120円Jリーガーが格闘技プロ2勝目。「職業・挑戦者」が明かす次なる挑戦とは

  • 栗原正夫●文・写真 text&photo by Kurihara Masao

 6月24日、立ち技打撃格闘技イベント「RISE 159」(東京・後楽園ホール)で、"元120円Jリーガー"で、2020年末に格闘家へ転向した安彦考真(44/Executive Fight武士道)がYO UEDA(49/TARGET SHIBUYA)に2ラウンド51秒のKO勝ち。プロデビューから2連勝を飾った。

格闘技でプロデビューから2連勝を飾った安彦考真格闘技でプロデビューから2連勝を飾った安彦考真 この記事に関連する写真を見る  対戦相手のYO UEDAは、今年5月の40歳以上限定のアマチュア大会「RISE VOA」で1ラウンドKO勝ちを収めると、試合後のマイクパフォーマンスで自身の「40代最強」をアピールし、安彦との対戦を要求していた。安彦がこれを受ける形で40代同士の対戦が実現したが、アマチュア時代を含めればこれまで5戦5勝の安彦が上手だった。

 安彦は序盤から得意のひざ蹴りで相手に効果的にダメージを与えると、最後は得意の左ひざ蹴り。プロデビュー戦となった2月16日の「RISE FIGHT CLUB」で、元プロ野球投手の相内誠(27/K26)をKOしたシーンを再現するかのような一発で、YO UEDAをマットに沈めた。

 試合後、安彦は安堵の表情を見せ、こう振り返った。

「40代同士の対戦で、おっさんのじゃれあいと思われたくなかったし、年齢が上の相手に負けるわけにはいかなかった。(相手は)もっと飛び込んで来ると思ったが、意外と来なかったので、近づいてきた時にひざ蹴りが有効だと思った。最後は左ひざが相手のおでこに入った。多少打たれたけど、相手が疲れているのもわかっていたし、Jリーガーになる前は学校の講師などをしていたこともあったので、相手の表情を見て冷静に戦えた。そういう意味ではいろんな経験が生きました」

 年齢は重ねてきたが、トレーニングに一切妥協はない。2月のプロデビュー戦後も、師と仰ぐ元K-1日本王者の小比類巻貴之氏の道場で、練習パートナーの京介(RISEスーパーフライ級5位)とともに毎日約3時間のトレーニングを行ない、ときにはその前後に自主トレを入れて1日5時間近く体を動かしてきた。

「正直、サッカーをやっていた時より練習はキツいし、何度も逃げ出したくなりました。プロになってみて、防具も何もなく自分の肉体以外に頼れるものがないし、怖さがないと言ったら嘘になります。でも、そのぶん、刺激的で生きている感じがするんです。サッカーの試合は負けても翌週には次の試合がありますが、格闘技は死と隣り合わせで、次があるかはわからないですから。

 これでアマチュアを含め、6連勝となりましたが、1戦1戦の積み重ねでしかない。これからも自分にできることをひとつひとつ積み重ねていくだけだと思っています」