2021.06.11

超レアな三沢光晴のサインも。プロレス大好き芸人が明かす収集時の裏話

  • 尾崎ムギ子●文・撮影 text & photo by Ozaki Mugiko

――6歳で血みどろの試合ですか......。

宮澤 入場シーンからタイガー・ジェット・シンが観客席で大暴れして、本当にあのサーベルで殴りかかる勢いだったんです。荒れ狂うシンに血まみれにされながら、立ち上がって、叩きのめす長州さんがカッコよかった。グレート・ムタとか、獣神サンダー・ライガーといったレスラーにも興味は持ったんですが、血まみれの長州さんがカッコいいなと思ったんです。翌日には弟とプロレスごっこをしてました。

――プロレスカードを集め始めたのはいつ頃ですか?

宮澤 ベースボールマガジン社から最初に発行されたのが1995年なので、プロレスを観始めて4年後くらい。10歳の時ですかね。

――カードはランダムに入っているのでしょうか?

宮澤 基本的にはランダムで、なにが入っているかわからない。「やけにガイ・メッツァー出るな」みたいな時もあります(笑)。何度も出てくると、ちょっとその選手のことが嫌いになっちゃったりとか。それでも、コンプリートを目指してひたすら集めました。

――カードにサインをもらうようになったのは、なぜ?

宮澤 1年につき400枚くらいでコンプリートなんですけど、そこに至るまでに同じカードが何枚も出てくるわけです。でも、ダブったカードにサインをもらったら、もう一周違うコレクションができるじゃないですか。それで2000年10月、ロード・ウォリアーズがバトラーツの後楽園ホール大会に出た時、友だちと一緒に入り待ちしてサインをもらったのが最初です。

――英語でお願いしたんですか?

宮澤 お願いの仕方は今でも変わらないですけど、基本、「プリーズ」ですね。外国人レスラーの方に「サイン」と言うと"署名する"という意味になっちゃうので、「オートグラフ、プリーズ」です。

――宮澤さんのプロフィールの特技の欄に、「プロレスラーから絶妙なタイミングでサインをもらう」と書いていますね。

宮澤 あるんですよ、タイミング。「いやあ、今行っちゃあ、もらえないよ」みたいな。慣れていない方は選手が出てくるとワーッと走って近づいちゃうんです。それでもらえる人もいますけど、そうじゃない場面もあるんですよ。ちょっと歩いてからとか、車に乗る直前のほうがサインを書いてくれる人とか、いろんなパターンがあるんです。ベテランサイン集め連中は基本、待機する時は待機してますね。