2019.12.30

髙田延彦はRIZINからアンディ・フグ並みの
スターの誕生を期待する!

  • 瀬川泰祐●取材・文 text by Segawa Taisuke
  • 田中亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

 豪華カードが目白押しの「RIZIN.20」。前回は、朝倉未来・海兄弟を中心とするRIZINのフェザー級・バンタム級について語った髙田延彦氏。今回はそこで語り切れなかった、RIZINライト級トーナメントで注目の外国人選手たちをはじめ、「見逃し厳禁」の注目カードについて話を聞いた。

高田延彦氏が注目する新スター候補とは?――今大会の大きな注目ポイントである、RIZINライト級トーナメントの展望について聞かせください。

「今回のライト級トーナメントは、絶対に見逃せないですね。まずはトフィック・ムサエフとジョニー・ケースの試合。ムサエフはアゼルバイジャンの選手で、"未知の強豪"としてRIZINのリングに上がってきました。パンチも蹴りもグラウンドもできるオールラウンダーな選手に成長していて、今も強豪が揃うジムに出稽古に行き、スキルを上げています。ひとつひとつの仕草がすごく絵になる、非常に面白い選手ですよ。

 一方のケースも優勝候補です。レスリングベースの選手で、非常にバランスがいい選手ですね。また、"ハリウッド"の異名を持ち、非常に高いプロ意識を持っている選手でもある。彼らが準決勝で潰し合うわけです。今回のトーナメントは同日に決勝もあるので力を残しておきたいところでしょうが、そんな余裕はないでしょう。ましてフルタイムの勝負になれば、スタミナのロスもあるし、ケガを負う可能性も高くなるでしょうね」

――もうひとつの準決勝は、ブラジル人同士の対戦。ルイス・グスタボ選手とパトリッキー・"ピットブル"・フレイレ選手の試合についてはいかがですか?

「グスタポは幼少期を過酷な環境で過ごし、ストリートの抗争に巻き込まれてお父さんを目の前で亡くしています。それをきっかけに格闘技に打ち込み、ヴァンダレイ・シウバに見出されて、ここまで上り詰めてきました。彼は荒削りですが、非常にアグレッシブで勝負勘があり、キレが鋭い選手です。対戦相手のフレイレは、弟がBELLATORのチャンピオンなんですけど、彼もBELLATORの象徴的な選手で非常に強い。パンチ力に定評がある彼は、決勝までダメージを受けずに戦う作戦を立てているでしょう」