2018.09.07

井岡一翔がアメリカで復帰。
4階級制覇へ現地メディアの予想は?

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by Kyodo News

 今週末、井岡一翔(SANKYO)が4階級制覇を目指してリングに帰還する。9月8日(日本時間9日)にロサンゼルスのイングルウッドで開催される、スーパーフライ級の強豪を集めたイベント「Superfly 3」の一戦として、井岡はWBO世界スーパーフライ級3位のマックウィリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)と戦うことになった。

2015年4月に3階級制覇を達成した井岡 WBAの同級2位にランクされた井岡に注目が集まるが、勝敗の行方は読めない。32歳のアローヨは17勝(14KO)3敗の戦績を誇る危険なパンチャーで、2016年4月には、当時まだ無敗だったローマン・ゴンサレス(ニカラグア)に敗れたもののフルラウンドを戦った経験がある。今年2月の「Superfly 2」では、元WBC同級王者のカルロス・クアドラス(メキシコ)相手に”番狂わせ”の勝利も収めた。

 アローヨは無冠ながら王者クラスの実力があると目されており、スーパーフライ級に転向して初めての試合に臨む井岡にとってはリスキーな相手となる。果たして、井岡vsアローヨ戦はどんな展開になり、どちらが勝ち残るのか。

 今回はアメリカのスポーツ専門チャンネル『ESPN.com』の人気企画、「5-on-5ディベート」をモデルに、軽量級ボクサーに精通した4人のエキスパートにこの試合に関する3つの質問をぶつけてみた。それに対するパネリストの答えから、試合展開や勝敗を分けるポイントを探る。

【パネリスト】
クリフ・ロールド:ウェブサイト『BoxingScene.com』のマネージング・エディター(編集長)。8月30日に同サイトにおいて井岡の特集記事を発表した。

ライアン・サンガリア:『リング』誌のライター。フィリピン系アメリカ人で、アジアのボクシングに精通する。

ゲイブ・オッペンハイム:NY拠点のフリーライター。昨年5月の村田諒太(帝拳)vsアッサン・エンダム(フランス)戦の際は日本で現場取材を行なった。

ショーン・ナム:『ハンニバル・ボクシング』『UCN.com』などで健筆をふるう、韓国系アメリカ人ライター。