2017.12.28

クリス・ジェリコがオメガとの頂上決戦
「新日本1.4」を語りまくる

  • 明知真理子●取材・文 text by Akechi Mariko
  • 村上庄吾●撮影 photo by Murakami Shogo

 アメリカ最大のプロレス団体、WWEのレジェンドが新日本プロレスに参戦を表明し、業界が騒然としている。あのクリス・ジェリコがケニー・オメガの持つIWGP・US王座に挑戦を表明したのだ。

 それを受けて12月11日の福岡大会には、アメリカにいると思われたジェリコが突如として乱入し、オメガを襲撃。翌12日の記者会見では逆にオメガがジェリコに殴りかかり、両者の決戦の舞台である年間最大イベント「1.4東京ドーム」を前に早くも白熱の様相を呈している。

 クリス・ジェリコといえば、米国最大のプロレス団体WWEで17 年間活躍し続け、史上初の統一世界王者にもなったスター中のスター。その彼がなぜ急に、しかも挑戦者として新日本参戦を決めたのか?

 世界のファンがざわつくなか、東京に滞在していたクリス・ジェリコを直撃、挑戦の経緯や戦略を聞いた。リング上での激しさとは打って変わって、穏やかな言動からは27年間プロレス界のトップであり続けた矜持(きょうじ)が浮き彫りになった――。


「1.4東京ドーム」に向けて、抱負を語ったクリス・ジェリコ
――先日、新日本プロレスの博多大会に突如として乱入され、あまりのバイオレントな行動に解説者は「僕の知ってるクリス・ジェリコじゃない」と漏らしていましたが……。

クリス・ジェリコ(以下、ジェリコ) “僕の知ってるクリス・ジェリコじゃない”って? ハハハ。じゃあ、本当の「クリス・ジェリコ」を知っているのは誰なんだ? ほんの1カ月半前まで、僕とケニー・オメガが戦うなんて誰かが思ったかい? 誰も思ってなかったはずだ。僕が思いつくまで、こんな試合は実現するハズがなかったんだから。僕はいつでも人をハラハラさせたい性質(たち)でね。