2016.08.12

男子レスリング4人衆の決意
「出るからには金メダルを獲る!」

  • 保高幸子●文・写真 text & photo by Hotaka Sachiko

 日本時間8月14日からリオ五輪のレスリングが始まる。男子は前回のロンドン五輪の9階級から4階級へと出場を減らしたが、それでもメダルを狙える4人の精鋭が集まった。グレコローマン59kg級の太田忍、グレコローマン66kg級の井上智裕、フリースタイル57kg級の樋口黎、フリースタイル74kg級の高谷惣亮。まもなく始まる大舞台を前に4人が意気込みを語った。

リオ五輪の男子レスリングに出場する(写真左から)井上智裕、太田忍、樋口黎、高谷惣亮の4人―― オリンピックの予選制というのは、1992年のバルセロナ大会から導入されたわけですが、男子が出場4人というのは、史上最少となってしまいました。

高谷 僕はロンドン五輪に出場しました。そのときと比べて少ないのでさみしい気持ちはありますけど、4人だからどうだという気持ちはまったくないですね。個人個人がやるべきことはわかっていますので、それぞれがベストを尽くして戦っていくのが一番だと思います。

井上 少ないより多いほうがいいですけど、個人個人が金メダルに向けて頑張るだけです。

樋口 人数が少ないことで、逆に注目されると思うんです。

高谷 それはどういう意味?

樋口 4人しかいないので、注目が分散しない……僕たちにギュっと集まるというか。

高谷 なるほど。

太田 樋口は目立つのが好きだからね!

樋口 いい結果を出して見返しましょう!

太田 全員が金メダルを獲ったら1964年の東京五輪以来の快挙ですし、全員その実力はあると思うので……。

全員 お~!!

太田 全員が力を出し切って”快挙”って言われるように頑張ります。

高谷 そやな! 快挙起こそうや! 若手が2人いるっていうのはいいことだし。