2013.08.26

【ボクシング】村田諒太、世界王者への道はまだまだ遠い

  • 原 功●文 text by Hara Isao photo by AFLO

 文字どおりの金の卵――。2012年ロンドン五輪ミドル級金メダリストの村田諒太(27歳/三迫ジム)が、ついにプロのベールを脱いだ。8月25日、東京・有明コロシアムで行なわれた73キロ契約の6回戦で、東洋太平洋ミドル級王者の柴田明雄(31歳/ワタナベジム)に圧巻の2回TKO勝ち。契約を交わしている業界最大手のトップランク社、ボブ・アラム・プロモーターがリングサイドで見守るなかでの快勝だった。

デビュー戦で東洋太平洋王者を圧倒した村田諒太。世界でどこまで通用するのか? 40キロ台後半~50キロ台前半の軽量級のスピーディーなやりとりと、強打とテクニックが融合した60キロ前後の軽中量級を見慣れている日本のボクシングファンにとって、この日の村田対柴田の試合は、ド迫力ものといえた。その主役が、村田だったことは言うまでもない。開始ゴングが鳴ると、偵察の時間も惜しむように相手に圧力をかけ、惜しげもなく十八番の右ストレートを再三繰り出した。さらに1年前のロンドン五輪で見せた、重量感たっぷりの左ボディブローも披露。1ラウンド終盤に伸びのある右ストレートでダウンを奪い、2ラウンドにはワンツーでKO寸前に追い込んでレフェリーストップに持ち込んだ。「一発、これをもらったら危ないなという(柴田の)パンチがあった」と村田はいうものの、実際にはまったく危なげない内容の完勝だった。

 戦闘時間は5分24秒――。この短い時間のなかで、村田は何を見せ、どんな将来性を感じさせたのだろうか。

 試合後、村田本人は「80点ぐらいは(もらっても)いいですか?」と控えめだったが、関係者の評価はおおむね高かった。海外進出を含め、総合的にサポートしている帝拳プロモーションズの本田明彦会長は、「デビュー戦にしては200点の出来」と絶賛。アラム・プロモーターも、「単に世界チャンピオンになるだけでなく、スーパースターになる素材であることを確認できた」と手放しで喜んだ。WBA世界スーパーフェザー級王者の内山高志(33歳/ワタナベジム)に至っては、「(村田は)スパーリングをやるような感じで落ち着いて戦っていた。世界? 間違いなく行くでしょう」と断言したほどだ。