2021.06.02

貴島明日香がeスポーツにどハマりした理由。「人と人をつなぐ架け橋」

  • 龍田優貴●取材・文 text by Yuuki Tatsuta
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

ゲーム配信チャンネルも人気の貴島明日香さんゲーム配信チャンネルも人気の貴島明日香さん この記事に関連する写真を見る  ファッション誌『non-no』の専属モデル、貴島明日香さんは今、生き残りをかけたバトルロイヤルゲームにハマっている。

 ゲームの名は「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」(以下、Apex)。3人1組のチームを結成し、計60人(20チーム)の頂点をかけて戦うFPS(一人称のガンシューティングゲーム)だ。2019年2月から配信されている本作は2021年4月のタイミングで全世界ユーザー数が1億人を突破。PCやPlayStation、Xboxに加えてNintendo Switchも対応し、21年内にはスマートフォン版の配信も予定されている。日本を席巻する話題のゲームと言って差し支えないだろう。

 貴島さんは芸能活動と両立しながら公私を通してゲームに興じており、大型のeスポーツ大会に参戦した経験もある。「Apex」の魅力、ひいてはオンラインゲームの醍醐味はどこにあるのだろうか。

(c) 2021 Electronic Arts Inc. EA, the EA logo, Respawn, the Respawn logo, and Apex Legends are trademarks of Electronic Arts Inc.(c) 2021 Electronic Arts Inc. EA, the EA logo, Respawn, the Respawn logo, and Apex Legends are trademarks of Electronic Arts Inc. この記事に関連する写真を見る ――ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が主催するオンラインeスポーツ大会「PLAY ALIVE(プレイ・アライブ)」は、「Apex」でも大会を行なっていますが、そこに参戦されていました。出場のきっかけや意図を教えてください。

 事務所の方に「『Apex』の大会があるけど、どうする?」と聞かれたのが始まりです。その時は大会のイメージが湧かなかったのですが、迷うことなく「ぜひ!」とお答えしました。大会には「Apex」のゲーム配信で有名な方がたくさんいらっしゃって、勝手にミーハーな気分になりました(笑)。

 普段から「Apex」のゲーム配信をよく見ていますが、芸能人とゲーム配信者が直接関わる機会ってそこまで多くないんです。だからゲームを通して好きなジャンルの人たちとつながるのはすごくいいなって。こういったゲームイベントだからこそ実現できる出会いもあると思います。