2020.07.28

野球はeスポーツも熱い。真中満は村上宗隆の能力値を上げてほしい

  • ハル飯田●取材・文 text by Haru Iida
  • 村上庄吾●写真 photo by Murakami Shogo

「eBASEBALL プロリーグ」応援監督の真中満氏。大会では解説も務める「eBASEBALL プロリーグ」応援監督の真中満氏。大会では解説も務める
──2年間、eBASEBALLの解説を務められて印象に残っていることはありますか?

真中 やっぱり、マエピーかな。

──リーグが開始される前年の2017年大会で優勝した前田恭平選手ですね。リーグ開始時に最も注目されていた選手でした。

真中 ほかの若い選手がどんどん出てくるなかで、マエピーは結果が出なくてさ。選手のなかで一番悔しいのはアイツだと思うんだよ。特に初年度はヤクルト代表だったこともあって、OBの俺としてはこっそり気にかけていたんだよね。

──残念ながらプロリーグでは2年連続で負けが続いてしまいました。

真中 やっぱりメンタルの部分なのかな。自分も監督のときに90敗くらいしたことがあるから気持ちはわかるし、切り替えて頑張って欲しいね。

──勝ち負けで言うと、現実のプロ野球の結果も重要です。eBASEBALL プロリーグでは、12球団のeスポーツプレーヤーが各球団を操作してペナントに臨みますから。

真中 実際の野球の結果次第では強くなるチームも出てくるから、eスポーツプレーヤーは所属チームの結果にドキドキしてる訳だ! それも面白いね。

──成績もそうですし、投手の持ち球も反映されるので、eスポーツで対戦する際には重要なポイントです。eスポーツプレーヤーは気が気じゃないですね。

真中 昨年はソフトバンクや西武の打線はゲームでも強いって感じたね。球団ごとに戦力差があるのは気の毒だけど、それでも好きなチームを使いたいっていう熱い気持ちのあるeスポーツプレーヤーが、また魅力的だよね。

──パワプロのパワーバランスに影響を与えそうな選手はいますか?

真中 今年、ヤクルトの村上宗隆はこのままの調子でいったら「弾道4.5」ぐらいになるんじゃないか?

──ゲーム内では4が最大の設定なんですが、史上初の4.5になりますか(笑)。

真中 5とは言わないけどさ、4.2くらいにしてくれないかな(笑)。村上は実際の野球でレギュラーを獲得する前からパワプロでは使われてたな。