2021.01.05

春高バレーで輝いたヒロインたち。カナの妹やドリームガールズの今

  • 高井みわ●文 text by Takai Miwa
  • photo by YUTAKA/アフロスポーツ

 今年は1月5日に開幕する春の高校バレー(以下、春高)。この大会では毎年のように"ヒロイン"が誕生してきた。その中にはVリーグや日本代表で長く活躍した選手もいるが、今回は太く短い輝きを放ってコートを去った選手たちを振り返る。

 2021年大会は惜しくも出場を逃したものの、春高の常連である下北沢成徳(旧・成徳学園)は名選手を輩出し続けてきた。五輪4回連続出場の木村沙織、現在の日本代表の主将を務める荒木絵里香、東レ・アローズの主将・黒後愛。そして黒後と同じ東レに所属する、男子の絶対的エース・石川祐希の妹である石川真佑など、枚挙にいとまがない。

 ケガの影響で引退は早かったものの、大型エースとしてアテネ五輪に出場した大山加奈もそのひとり。のちに大山と共に「メグカナコンビ」と呼ばれた栗原恵を擁する、三田尻女子(現・誠英)との決勝戦(2002年)は春高史上に残る名勝負だ。

下北沢成徳時代、(右から)大山加奈、荒木絵里香、木村沙織と共に活躍した大山未希(右から4番目)下北沢成徳時代、(右から)大山加奈、荒木絵里香、木村沙織と共に活躍した大山未希(右から4番目)  バレーファンにはおなじみだが、大山には小学校からVリーグ(東レ)まで同じ道を歩んだ年子の妹・未希がいた。未希は身長177cmで、姉の加奈に比べると10cm低かったものの、攻守にわたり器用な選手で、加奈の卒業後は主将として春高2連覇を果たしている。

 小学生時代、5年生でセッターとして姉の加奈にトスを上げ、6年時はエースアタッカーとして全国優勝を成し遂げた。筆者は未希が6年生の時に優勝した大会を取材しているが、大きな瞳が印象的な美少女で、小学生らしからぬしっかりした受け答えをしていたことを憶えている。

 未希が高校3年生で、姉の試合を観戦していた時にも短い取材をしたことがある。その際には、「夢は姉と一緒に全日本でプレーすること。小学校時代にセッターの経験があるので、セッターになることも考えている」と話していた。その言葉どおり、姉と同じ東レに入団した未希は、3年目の2006年にサイドアタッカーからセッターへの転向を決断する。身長177cmはセッターとしては大きく、大型セッターの誕生をバレーボールファンは期待した。