2020.10.21

引退した新鍋理沙の少女時代。
バレー人生の始まりと親友との出会い

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari

女子バレー稀代のオールラウンダー
新鍋理沙が歩んだ道(1)

 6月20日に発表された、久光スプリングス(旧久光製薬スプリングス)・新鍋理沙の引退は多くのファンに衝撃を与えた。バレーボール女子日本代表ではロンドン五輪の銅メダル獲得に貢献し、中田ジャパンでも「守備の要」を担うアウトサイドヒッターとして東京五輪での活躍が期待されていた。だが、大会が1年延期されたことで決断を下した。

 長らく女子バレー界を支えてきた新鍋は、どんな競技人生を送ってきたのか。引退後のインタビューでその軌跡を辿る連載の第1回は、バレーを始めた小学校時代から親友と出会った中学時代について語った。

今年6月に引退した新鍋理沙 photo by Kimura Masashi 新鍋がバレーボールを始めたのは、地元・鹿児島県霧島市(合併前の福山町)にある小学校に通い出してから。その小学校にはバレーを指導できる人がおらず、経験者だった両親が外部スタッフとして少年団の指導をしていたため、新鍋も自然とそこでバレーを始めた。

 その前から両親に連れられて体育館に行くことが多く、ボール遊びやボール拾いをしていたこともあり、小学校に入学したら「(バレーを)やるのが当然だと思っていた」と話す。

「ひとりで留守番をするのが嫌だったので(笑)。小学校に上がってからも、『お母さんもお父さんもいるし、友達もいるから』みたいな感覚でバレーを始めました」

 少年団ではポジションが固定され、基本的にはアタッカーだったが、セッターの選手が急にやめた時に、1回だけセッターで試合に出たことがあるという。

「1年生の時だったと思います。本当に人が足りない緊急事態で、父か母に『理沙がセッターだよ』と言われました。バレーを始めてそんなに長くなかったですし、すごく怖かったです。ボールは全部、トスじゃなくてアンダーで上げて、相手がスパイクを打ってくる時は毎回ネットの下でしゃがんでいました(笑)」