2017.09.07

ビーチのヒロイン坂口佳穂が
「新ペア結成」。故郷での最終戦に懸ける

  • 小崎仁久●取材・文 text&photo by Kosaki Yoshihisa

 全9戦で行なわれる『ジャパンビーチバレーボールツアー2017』も終盤戦。第8戦となる東京大会は、9月2日~3日に東京都大田区・大森東水辺スポーツ広場ビーチバレー場で行なわれた。

宮川紗麻亜(左)とペアを組んで、新たなスタートを切った坂口佳穂(右) 藤井桜子とのペアを解消し、新たなスタートを切った坂口佳穂(21歳/マイナビ)は、宮川紗麻亜(みやがわ・さまあ。34歳/フリー)とチームを組んで、残りのシーズンを戦っていく。

 パートナーである宮川はビーチ歴7年。過去には日本代表に選ばれたこともあり、豊富な経験の持ち主だ。プレーにおいては、パワフルなスパイクを大きな武器としている。

 坂口とは、今季すでに一度ペアを組んでおり、お互いの特徴、リズムもよくわかっている。経験の浅い坂口にとって、ベテラン宮川とのコンビで得るものは大きいはず。新たな能力を引き出すきっかけにもなるのではないだろうか。

 トーナメント形式の東京大会。期待の”ニューペア”が1回戦でぶつかったのは、鈴木千代(23歳)&浦田景子(39歳)ペアだった。

 鈴木&浦田ペアは、低いトスからテンポの速い攻撃を仕掛けてくる表彰台の常連。非常に手強い相手となるが、坂口と宮川が前回ペアを組んだツアー第4戦、7月の行橋大会でも対戦し、敗れはしたものの、フルセットまでもつれ込む接戦を演じている。

 また、坂口が小野田恵子(34歳)とペアを組んだツアー第5戦の大洗大会(7月)では、2-1で勝利している相手。今回も、チームとして対応策、戦略は十分に練ってきただけに、際どい戦いになると予想された。