大坂なおみは「ママでも世界一」になれる? 偉大なセンパイたちが歩んできた「母は強し」の系譜

  • 内田 暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki

 2024年1月1日に開幕するブリスベーン国際で、大坂なおみが女子テニスツアーに戻ってくる。

 彼女が最後に公式戦のコートに立ったのは、2022年9月の東レパンパシフィックオープンだった。この大会での大坂は、体調不良を理由に2回戦を棄権。自身のソーシャルメディアで妊娠を発表したのは、2023年1月のことである。その時点ですでに「来年1月の全豪オープンには戻ってきたい」と、復帰の意志のみならず、時期までを明言していた。

今年の全米OPに訪れた出産後の大坂なおみ photo by Getty Images今年の全米OPに訪れた出産後の大坂なおみ photo by Getty Imagesこの記事に関連する写真を見る「自分の子どもが、私の試合を見ながら『あれがママなの?』と誰かに話す日を楽しみにしている」

 そんな未来の青写真こそが、彼女をコートに掻き立てた熱源。そして今、彼女は自らの言葉に忠実であろうとしている。

 出産後のコートに何を求めているかについて、大坂は公(おおやけ)の場に現れるたびに、迷うことなく口にしてきた。

 今年4月、テレビ朝日の番組内で松岡修造氏と対談した大坂は「復帰後はグランドスラムで8回優勝したい」と明言し、松岡氏を驚嘆させた。

 7月に女児を出産したあとの9月上旬には、WOWOWの取材で再び松岡氏のインタビューを受け、以下のように語っている。

「テニスができることへの感謝の気持ちが増した。ずっと以前から、ビーナスやセリーナに憧れていると言ってきたけれど、彼女たちの年齢までテニスをしたいとは思えなかった。でも今は、『たぶんそれくらいまでできるかな』と思っている」

 さらにカメラの向こうの視聴者に向かい、笑顔で次の約束の言葉を送った。

「シュウゾウさんは信じられないみたいだけれど、私は来年の1月にオーストリアにいると信じているし、みなさんに会えるのを楽しみにしています」......と。

 産後6カ月弱での復帰、そして出産前を超える数のグランドスラム優勝は、間違いなく野心的な目標ではある。

 とはいえ、先人たちが残した足跡から類推するに、決して非現実的でもないだろう。

 直近の例では、最高位世界3位、現在29歳のエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)の復活劇が記憶に新しい。

1 / 4

プロフィール

  • 内田 暁

    内田 暁 (うちだ・あかつき)

    編集プロダクション勤務を経てフリーランスに。2008年頃からテニスを追いはじめ、年の半分ほどは海外取材。著書に『錦織圭 リターンゲーム』(学研プラス)、『勝てる脳、負ける脳』(集英社)など。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る