2020.03.07

錦織圭はデビスカップにエントリーなし。
日本は連敗で崖っぷち

  • 神 仁司●文・撮影 text&photo by Ko Hitoshi

 男子テニス国別対抗戦・デビスカップの予選ラウンド「日本vsエクアドル」が3月6日から兵庫県三木市で始まり、シングルス2試合が行なわれた。2日目にはダブルス1試合とシングルス2試合が予定されており、先に3勝した国が11月にマドリードで開催されるデビスカップ・ファイナルズに出場する。

左から岩渕監督、錦織、内山、添田、綿貫陽介、マクラクラン勉。錦織は、2016年以来の代表合流となった  新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために無観客試合となった今回、日本代表の中心メンバーである錦織圭(ATPランキング31位。3月2日づけ/以下同)が、2016年9月以来となる代表復帰を果たした。だが、昨年10月の右ひじの手術後戦列を離れている錦織は試合にエントリーはせず、リハビリは順調だが出場できるレベルには達していないことを会見で語った。

「だいぶ治っているけど、体調面がまだマックスではない。自分の体がもうちょっと鍛えられて、自信がついてから臨もうと思っています。でも、痛みもないですし、もうちょっとだと思います。(復帰時期は)まだ目途は立っていないです。なるべく早く戻って来られたらいいなという感じですね。(4月からの)クレーシーズンになるかもしれない。何とも言えない状況です」