2018.05.26

ツアー初優勝で、ダニエル太郎の
「人生哲学」に変化はあったのか?

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

「あっ、チャンピオン!」

 全仏オープンの予選に出ていた内山靖崇は、会場でダニエル太郎の姿を見かけると、からかうようにそう言った。

 3週間前のイスタンブールオープンで優勝したダニエルもまた、全仏オープンには予選から出場していた。その彼に果たして、優勝前後で目に見える変化はあったのだろうか……?

イスタンブールオープンを制したときのダニエル太郎 そんなことを内山に尋ねてみると、「なんにも変わらないですね、太郎は全然。いつもと一緒です」との答えが返ってくる。そしてそれは、予想できていた返答でもあった。

 米国で生まれ14歳まで日本で育ち、以降はスペインを中心に欧州で多くの時間を過ごす――。そのような色彩豊かな生い立ちゆえか、あるいは複数の言語を流暢にあやつり、多くの国の人々との交流を通じて種々の文化に触れてきたためか。ダニエルはテニスや人生に対する独自の哲学を有し、それを言語で表現することに長けたアスリートだ。

 ツアー初優勝を遂げた今、彼の内面やテニス観に何か変化があっただろうか? それらの問いにダニエルは、明瞭かつ飾らない彼固有の言葉で応えてくれた。

―― 優勝おめでとうございます。タイトルを手にしたことで、ご自身の気持ちや周囲の人たちの対応に変化はありますか?

ダニエル太郎(以下:ダニエル) 少しはありますね。たとえば優勝したから、全仏でも予選突破するのは当たり前だと思っている人も多いと思うんですけど、ぜーんぜん、そんなことはないし。いつもと同じです。

 優勝したことで、試合中にも勝てる自信は出てきました。でもそれがいつ変わるかもわからないし……冷静に続けていくしかないです。

―― プレッシャーも感じるようになりました?

ダニエル 少しはなりますが、それは仕方ないですね。上に行くには、そういうプレッシャーはかかる。(ロジャー・)フェデラーとかでも、プレッシャーばかりだろうから。そういうのにも対応できないといけないですね。